保育士ガイド 香川 KAGAWAKEN HOIKUSHI GUIDE

お問い合わせはこちらまで 087-822-3135 まずはお気軽にお問い合わせください。

ホーム
 > 連載コラム 保育十人十色
 > Vol.1 子どもといることの喜び

連載コラム 保育十人十色

子どもといることの喜び

Vol.
1

profile

高松短期大学 保育学科 講師
山本幾代
主な著者
育つ・ひろがる<子育て支援>
保育と実践研究・写真による園内研修
社会貢献
社会福祉理事・評議委員

40年余り保育園で、保母・主任保育士・園長にて多くの子どもたち、保護者、保育の仲間、地域の方々と出会い楽しいこと苦しいことを経験させていただきました。

すっかり子どもの魅力、絵本の奥深さに夢中。保育学生と絵本や人形劇を楽しみ、将来の保育者の育成に励んでいます。孫が連れて帰った、やんちゃで凶暴な猫に遊んでもらっている今日この頃。

私は長い間保育園で、子どもたちや保護者の方や仲間と保育の喜びと苦しみと奥深さを味わってきました。そして今、保育士養成校で保育者となる夢を抱きながら勉学に励んでいる学生と共に過ごしています。

保育は目に見えにくいので保育を伝えることは難しいです。

しかし、保育者の心の中には子ども一人ひとりが居ます。
「先生と話したい、僕の方を向いて、一緒に遊ぼうよ」の気持ちの伝える方はさまざまなです。
黙って先生の横にきてエプロンの端を握る子。わざとすねて名前を呼んでも逃げていく子。にっこり笑いながら乱暴に先生をたたいて走って行く子。
どの子も先生と関わりたいと願っているのに目に見える子どもの姿は十人十色です。
保育士の専門性と愛情深い人間性を問われる職業ですが、保育は恋と同じです。子どもの世界を楽しみながら、子どもと先生の恋のやり取りで毎日の園生活が広がります。
  • 保育の魅力発見サマースクール
  • かがわ保育士就職フェア
  • 高校生のための保育体験バスツアー
  • 保育のしごと相談会
  • 現任保育士相談会
  • 香川県保育士人材バンクとは
  • 保育園採用ご担当者へ 求人を登録する
  • facebook
  • twitter
  • 分かりやすくご紹介!保育士になるには
  • 子ども・子育て支援新制度
  • 気になる香川の保育士事情 アンケート調査結果
  • 香川県保育所情報
  • 香川県福祉人材センター
  • リンク集
  • お仕事を探す
  • 求職登録

ページの先頭へ