保育士ガイド 香川 KAGAWAKEN HOIKUSHI GUIDE

お問い合わせはこちらまで 087-822-3135 まずはお気軽にお問い合わせください。

ホーム
 > 連載コラム 保育十人十色
 > Vol.70 ”どんぐり”の歩み

連載コラム 保育十人十色

”どんぐり”の歩み

Vol.
70

profile

朗読グループどんぐり 代表者
池田 洋子
活動を始めて19年。
『優良読書グループ』として表彰されました。
発足から現在に至るまでの活動を記しました。

平成8年6月に私たち”どんぐり”は旧志度町で会員4名で発足しました。その後、近隣5町が合併して各地域から会員が集まり、現在26名になっています。
発足当初は、視覚障がいの方への広報誌の音読が活動のスタートでした。その後、幼稚園からの絵本の読み聞かせ依頼があり、本格的に絵本を中心としたおはなし会を始めることになりました。
現在では、赤ちゃんから高齢者の方への絵本を中心としたおはなし会、視覚障がいの方への図書の音読、平和学習における朗読会、さぬき市広報の音読、落語会、どんぐり文庫の実施と、幅広く活動をしています。

新しい取り組みとしては、市内中学生を対象とした、「本の読み聞かせ体験」を行っています。なお、平成25年には「県中学校学校図書館部会の研修会」に講師として参加をしました。市内幼稚園では、家庭教育学級での「おはなし参観」として、保護者に絵本の講話も行っています。平成26年度より始まった「どんぐり文庫」では、毎週1回開放して、地域の子どもたちに楽しんでもらっています。
”どんぐり”は、地域のご好意で、廃校となった小学校分校の一室をお借りして、「どんぐり教室」と呼び、活動の拠点としています。

地域との交流を深めるために、私たちは作物の収穫を祝う「収穫祭」にも参加し、おはなし会などを開いて、地域の人たちとの交流を深めています。
例会は、「どんぐり教室」で毎月2回開催しています。なお、「どんぐり教室」は例会以外にも、打ちあわせ会、勉強会、おはなし会、落語寄席、文庫まつりの開催と、有意義に活用しています。
毎月「予定カレンダー」を発行し、無理なく楽しみながらの活動を目指すため、自主的な参加にしています。会員の特性を活かした活動にも取り組んでいます。
そして、「あまった力をボランティアに」の精神と「できるときにできることを」を合言葉に、ボランティアを楽しんでいます。

子どもたちに読み聞かせを通して、絵本のなかでたくさんのことばに出会っていただき、想像力豊かな人間育成に貢献できるようにと、活動しています。また、保護者を対象とした絵本の講話も開き、乳幼児からの絵本の大切さを伝えていきたいと思っています。
現在は、『もっとたくさんの人たちと もっとたくさんの笑顔に 出会えるように』と、活動を続けています。

みなさん「どんぐり教室」にいつでも遊びにきてください。
  • 保育の魅力発見サマースクール
  • 保育のしごと相談会
  • 現任保育士相談会
  • 香川県保育士人材バンクとは
  • 保育園採用ご担当者へ 求人を登録する
  • facebook
  • twitter
  • 分かりやすくご紹介!保育士になるには
  • 子ども・子育て支援新制度
  • 気になる香川の保育士事情 アンケート調査結果
  • 香川県保育所情報
  • 香川県福祉人材センター
  • リンク集
  • お仕事を探す
  • 求職登録

ページの先頭へ