保育士ガイド 香川 KAGAWAKEN HOIKUSHI GUIDE

お問い合わせはこちらまで 087-822-3135 まずはお気軽にお問い合わせください。

ホーム
 > 保育士さんの声
 > Part.137 大本 美千子さん

今回のほほえみスター

Part.137

子供たちの笑顔をもう一度一緒に見ませんか!?

香川の保育現場で元気に頑張っている保育士さんを発見☆彡
子育ての経験を生かしている【高松市 すみれ保育園】の【大本 美千子】さんは
子ども達が寄ってきてくれる人気の先生です。

以前離職した理由を教えてください。

保育士が大好きだったのですぐに復帰したいと思って、長女が3カ月の時から他の保育園に預けて働き出しました。
でも、熱が出たりした時に頼れる両親がいなかったので、仕事を休まなければいけない。どうしても休めない時は、病児保育に預けないといけない。「病気の時くらいそばにいてあげたいな」という葛藤が出てきて・・・。
そんな時、当時勤めていた保育所の、ベテランの先生が
「自分の子どもの小さいうちは今しかないから、子どものそばにいたいっていう気持ちがあるんだったら一度辞めてみてもいいんじゃない。保育士資格を持っていれば、また復帰できるんだから。」と言ってくれました。
「ああ、そういう道もあるな」と思って、一度離れてみようと思いました。

復帰までに4年ありましたが不安はありましたか?

不安はすごく大きかったです。
新人として入るよりプレッシャーも大きくて。経験があるぶん、復帰先では一年目であっても、新人の仕事ではだめだなと。
子育てもしたし、その経験も仕事に生かさないといけないと思うと、それもプレッシャーでした。
それと、子育てと家事と仕事の両立が自分にうまくできるのかな、という不安はありました。

うまくできていますか?

未だに手探り状態です。
でも、いい意味での手抜きも覚えたというか(笑)
時間の使い方をちょっとずつ変えて、時間をうまく使えるようになったのかなとは思います。
完璧にしようと思うと心がしんどくなってしまうので、いい意味で「適当なところでOK!」っていうふうにしないと、この仕事を続けられないかなと思います。

保育士ならではの喜びとは?

保育園に来ると、子ども達が「大本先生、来た!」と、寄ってきてくっ付いてくれたりします。待ってくれてる人がいるというのは、すごく嬉しいです。
また、子どもの成長をそばで見守っていける、一緒に成長を楽しんでいけるのも喜びです。
季節感を感じながら生活できるのも、いい仕事だなあと思います。

潜在保育士さんへのメッセージをお願いします。

やっぱり周りの助けも必要だと思うんです。
実際に私も、周りのいろんな人に助けてもらって仕事を続けていられると思うので、簡単に「どうぞどうぞ」とは言えないのが正直なとこです。
でも、やりがいもあるし、ほかの仕事よりは笑って過ごす時間が多い仕事だと思うし、子どもと共に自分も成長できると思います。
「どうしようかな、やってみようかな」と思っている方がいたら、やってみてもらってもいいかなと思います。

  • 保育士就職面談会
  • 保育のしごと相談会
  • 現任保育士相談会
  • 香川県保育士人材バンクとは
  • 保育園採用ご担当者へ 求人を登録する
  • facebook
  • twitter
  • 分かりやすくご紹介!保育士になるには
  • 子ども・子育て支援新制度
  • 気になる香川の保育士事情 アンケート調査結果
  • 香川県保育所情報
  • 香川県福祉人材センター
  • リンク集
  • お仕事を探す
  • 求職登録

ページの先頭へ